現状と向き合うための支援のご案内

ファイブスターは経営者の方への無料経営支援を行っており、以下のような流れで無料の経営支援を提供することができます。

無料経営相談の流れ

STEP1 『現状と向き合うための支援(無料経営支援)』
現状と向き合うための支援は一般的な経営相談とは異なります。
経営者のお話をファイブスターの金山義則が60分間じっくりとお聴きします。経営者が話す言葉の中から金山義則がキーワードをカードに書き、目の前に並べていきます。そのカードに書かれたキーワードを経営者自身が再確認することで、自分の考えを整理することができるようになります。
さらに、経営者が新たな気づきを得られるような質問を金山義則がおこないます。
経営者は問いかけをされることで、考えを深めていくことができます。そして、最後には自社の真の課題に気づくことができるようになります。
他者から与えられた答えはしょせん対処療法にすぎません。
答えとは、誰かに教えてもらうものではなく、自らの手で導き出していくものです。
つまり現状打破の第1歩は知ることから始まります。
無料経営支援お申し込み

料金/無料
対象者/中小企業の経営者または準ずる方
所要時間/60分
場所/株式会社ファイブスター(大阪市北区天神橋2丁目北1-21八千代ビル東館)
※現状と向き合うための支援は完全予約制です。
お申し込みいただいた方には、予約可能日時のご連絡をいたします。

STEP2 『課題解決提案』
課題解決提案は現状と向き合うための支援から通常約1週間後におこないます。
課題解決提案の提案書は約10ページ程度にまとめられています。
現状と向き合うための支援によって明確になった課題の整理、複数の課題解決策を金山義則が経営者にわかりやすく説明していきます。
課題解決提案は、現状と向き合うための支援に参加された方が希望した場合のみサービス提供しています。

STEP3 『0回目』
自社の現状や競合、お客様のニーズなどをファイブスターが用意したシートに書くことによって改めて確認します。
次に課題解決を実践するための具体的な計画を一緒にたてます。
0回目を終えた時点で本当にこのサービスこそが自社に価値がある!と実感された方には有料経営支援をお申し込みいただけます。
ファイブスターでは、お客様にまず無料の経営支援を受けていただき、その後希望される方のみに有料での経営支援を提供しています。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑