ライフスタイル提案型ストアの時代 セミナー復習その5

公開日:  最終更新日:2015/11/15

9月24日堺商工会議所にてセミナーを開催しました。
タイトルは「アベノミクス時代のための伸びる会社の経営術伝授セミナー
〜会社を大きくするかしないかは経営者しだい〜」

スクリーンショット 2015-11-12 8.22.42

参加者の98%が満足されたセミナーです。

ここではセミナーを振り返り大切なことを復習します。

今回のセミナーでは8つの重要ポイントを説明しました
1. 現状維持を目指したら会社は潰れる
2. 伸びない会社は「社長が会社を大きくする方法を知らない」
3. 今の経営はどこで学びましたか?
4. 儲かる会社には儲かる理由がたくさんある
5. 他業界の成功事例は参考にできる
6. まずは「儲かる仕組み」をつくる
7. お客様はこちらが選ぶ
8. 会社の発展は組織化が不可欠

それらを具体的な事例を交えてわかりやすく説明しました。
今日は「5 ライフスタイル提案型ストアの時代」についてです。

価格競争から抜け出すための戦略。
ブルーオーシャン戦略は価格競争から抜け出す戦略としては有名です。
また、物を売るのではなく経験や価値を売ることを通じて新しい市場を開拓する戦略もあります。
これを「経験価値マーケティング」と呼びます。

スクリーンショット 2015-11-15 5.20.58

経験価値マーケティングの具体的事例としてはスターバックスが有名です。
過去のアメリカではアメリカンコーヒーは1ドルで飲み放題が常識でした。
その常識を破ったのがスターバックスコーヒーです。
「コーヒーを買う」という体験そのものに価値を提供することを通じて、新しい市場を開拓することに成功しました。

スクリーンショット 2015-11-15 5.21.05

また、日本国内の具体的事例としては旭山動物園が有名です。
過去の動物園は檻の中に入れられている動物たちを檻の外から見学することが常識でした。
その常識を破ったのが旭山動物園です。
顧客の知性や好奇心に訴えかける経験を提供することを通じて、新しい動物園の価値を開拓することに成功しました。

スクリーンショット 2015-11-15 5.21.14

セミナーでは大阪西区の堀江に新しいライフスタイル提案型ショップ誕生した事例を説明しました。

従来の発想から脱却した新しい発想のパン屋さんが誕生しました。
コンセプトは「海のパン屋さん」です。
このパン屋さんを手掛けるのは、同じ西区でアパレル業を営む会社です。
子育てのママのためにリーズナブルだけど商品価値の高い服を製造しています。
その会社の中の一つのブランドがマリンティストをコンセプトにした服を製造しています。
今回のパン屋さんはマリンティストのライフスタイルをトータルで提案するために誕生しました。

スクリーンショット 2015-11-15 5.21.46

この会社の強みはお客様を魅了する「なるほど」があります。
なるほど1は「値段を見たとき」
なるほど2「縫製」
なるほど3は「買ってみて気づく」
なるほど4は「買った後、取り扱いが簡単」

スクリーンショット 2015-11-15 5.22.33

これらの「なるほど」は、「子育て中のママは雑貨好き、細かいディテールにこだわる」というお客様に好評です。

海のパン屋さんでもお客様を魅了する「なるほど」を作りました。
なるほど1は「値段を見たとき」
なるほど2「形」
なるほど3は「食べてみて気づく」
なるほど4は「また行きたくなる仕掛け」

スクリーンショット 2015-11-15 5.22.46

これらの「なるほど」は、従来のパン屋さんにはない発想ということでお客様には好評です。
新しいライフスタイル提案型ショップには、この海のパン屋さんのような新しい経験を提供することが必要です。

セミナーでは、この海のパン屋さんの裏側にある全社員一丸となって機会追求している企業スタイルを説明しました。

スクリーンショット 2015-11-15 5.23.09

会社の中には現状維持すべき仕事。問題解決すべき仕事があります。
しかし、一番大切なのはチャンスを逃さず機会追求する仕事です。
それを、全社員一丸となって突破していることがこの企業の真の強みです。

株式会社ファイブスター 代表取締役 金山義則

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑