クラウドアプリで経理時間を短縮して、売上アップにつなげたパン屋さん クラウド・アプリセミナー復習4

公開日:  最終更新日:2015/12/13

7月22日堺商工会議所にてセミナーを開催しました。
タイトルは「売上アップと業務改善に威力を発揮する!
最新クラウド・アプリ活用セミナー」
〜その日から導入、ライバル会社に差をつけろ!〜」

スクリーンショット 2015-12-10 10.16.01

参加者の94%が満足されたセミナーです。
なお、このセミナーは人気が高く、11月24日八尾商工会議所、12月11日岸和田商工会議所でも開催しました。

ここではセミナーを振り返り大切なことを復習します。

今回のセミナーでは売上アップと業務改善に威力を発揮するクラウド・アプリ活用法をご紹介しました。
すでにクラウド・アプリを使っている人はたくさんいますが、限定した利用に留まっている方が大半です。
本セミナーでは良く知られたクラウド・アプリを上手に組み合わせて売上アップと業務改善を図ることができた事例の紹介、
クラウドの最前線などの内容をわかりやすくご説明しました。

今日は「町のパン屋さんでもできるクラウドによる業務改善」についてです。

町のパン屋さんを事例に取り上げました。
このパン屋さんの経営者は勉強熱心です。
6月に堺商工会議所で行った「あなたのその使い方、損していませんか?販路開拓のための最新SNS活用セミナー」
~Facebook,LINE,Twitter,Vine,Instagram,Pinterest~
に参加されていました。
そのセミナーで自社の経営状態、販促状況を振り返り、改めてSNSの重要性を認識しました。

スクリーンショット 2015-12-12 14.04.56

セミナーで学んだことをお店で実行しようと張り切っていました。
しかし、SNSが思うように進みません。
その大きな理由は経理作業に追われ、SNSに費やす時間が取れないことです。

スクリーンショット 2015-12-12 14.05.07

時間がかかる経理作業の一つはタイムカードによる勤怠管理。
タイムカードに打刻された始業時間、終業時間をパソコンに入力する時間が結構かかります。
さらに、給与計算も時間がかかります。
給与計算ソフトなどは使わず、エクセルを使って給与計算を行っています。
税金の計算や社会保険料の改正などはネットで調べて給与計算を行うので思った以上に時間がかかります。

スクリーンショット 2015-12-12 14.05.28

そこで、経理作業の時間削減を図るために2つのクラウドアプリの導入を行いました。
1つ目はタイムカードによる勤怠管理をクラウド化しました。
導入した「フリーウェイタイムレコーダー」は従業員がタイムカードのリーダー(読み取り機)に打刻すると、インターネット上に出退勤の時刻が記録されます。
出退勤時刻がインターネット上に記録されるため、データ入力の手間が省けました。
労働時間、残業、遅刻・早退の回数が自動計算されるため、紙のタイムカードのような集計作業もなくなりました。
導入費用も月額費用も10名までなら無料です。

スクリーンショット 2015-12-12 14.05.43

2つ目はエクセルによる給与計算をクラウド化しました。
導入した「フリーウェイ給与計算」は一般的な給与計算ソフトに比べて、画面がシンプルで操作も簡単です。
さらに、税率や保険料率の改正があった場合でも、常に最新の状態で使うことができます。
導入費用も月額費用も5名までなら無料です。

スクリーンショット 2015-12-12 14.06.06

このようにしてクラウドアプリを導入した結果、経理時間に費やす時間が大幅に削減されました。
それにより、SNSに費やす時間が格段に増加し、フェイスブックやインスタグラムによる情報発信が飛躍しました。

スクリーンショット 2015-12-12 14.06.14

この事例からの学びです。
経理業務時間は短縮することができる。特に、勤怠時間集計や給与計算などはクラウドアプリを活用することで時間は短縮する。
その、削減できた時間を集客につながるSNSに費やすことで売上アップにつなげていくことが重要。

次は「スプレッドシートによる業務改善」についてです。

株式会社ファイブスター 代表取締役 金山義則

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑