小さな会社の経営術:選択と集中  成長期の壁の打破3

公開日:  最終更新日:2016/08/18

選択と集中そのためにすべきこととは?
選択と集中そのためにすべきこと

選択と集中そのためにすべきこと

何かを得るためにはその前に何かを捨てる。そのことについてのお話です。

(動画の内容)

自分がやらなければならないこと全てをするのではない。集中すべきことに集中する。そのためには、やめるべきことを決める。しかしこれができる経営者は少ない。そして新しく始めるべき事は何なのかを考える。事例で紹介した経営者は数字が苦手。売り上げは上がる、しかし、利益がいくら出ているのかを正しく把握できていない。それが原因で会社の経営がうまく回らない、会社が苦しくなった。だからこそ、苦手なことを新しく始める。会社の数字に向き合うことを始める。やめる、増やす、始めるこの選択と集中がすごく大切。大切な事はあれもこれもしない。最初に止めるべきことを決める。そして、増やすことを決める。そして、新しく始めることを決める。この順番が大切。

 

※この動画は2016年5月24日堺商工会議所で行った「中小企業のための『経営術セミナー』 伸び悩む経営の原因と対策ズバリ教えます!~中小企業の97%は現状打破できる~」のセミナーダイジェストです。

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑