小さな会社の経営術:「話をする」ことが重要  衰退期の壁の打破3

公開日:  最終更新日:2016/08/18

衰退期の会社がぶつかる壁の打破について説明をしています。

社員と話してわkること

社員と話してわかること

今回は社員と話す機会の重要性です。

 

 

(動画の内容です)

社員は勝手には育たない。
育つ、育てると言う事は、経営者が社員と一対一で腹を割って、定期的に話すことです。
話すと言う事は経営者が一方的に話すことではない。
経営者が社員の話を聞いてあげる。
話しを行う主役は社員である。
社員の話を聞くことが大切。
一対一の場で経営者が一方的に喋ることではない。
社員が話す環境を作ることが大切。
しかし、このことを間違えて捉えている経営者が多い。

 

※この動画は2016年5月24日堺商工会議所で行った「中小企業のための『経営術セミナー』 伸び悩む経営の原因と対策ズバリ教えます!~中小企業の97%は現状打破できる~」のセミナーダイジェストです。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑