小さな会社の経営術:見極める  衰退期の壁の打破4

公開日:  最終更新日:2016/08/18

衰退期の会社がぶつかる壁の打破について説明をしています。

今回は「見極める」です。

見極めるために必要なこととは?

見極めるために必要なこととは?

 

 

 

動画埋め込み

(動画の内容です)

大切な事は「引きずらない」こと。
昔の商売のやり方を引きずらないこと。
現実を見ることが大切。
現実を見るために自分が持たなければならないのは数字。
きちんと自分が数字を持って相手と交渉する勇気を持つ。
そして、それを最悪な状況も頭に入れて交渉する。
それを行うために経営を変わったということだ。
昔の経営の流れのままで行わない。
自分の会社にとって大切なお客は誰?
一緒に伸びる客先はどこ?
そういったことを見極める目を持つ事が大切。
社員の話を聞く耳を持つ。
勇気をもって言う口を持つ。
これがリーダーとして必要なことです。

 

※この動画は2016年5月24日堺商工会議所で行った「中小企業のための『経営術セミナー』 伸び悩む経営の原因と対策ズバリ教えます!~中小企業の97%は現状打破できる~」のセミナーダイジェストです。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑