パナソニック直伝! 営業・販路拡大・企画発表に役立つ! プレゼン技術+Keynote習得セミナー 復習その1

公開日:  最終更新日:2015/09/12

7月22日堺商工会議所にてセミナーを開催しました。

タイトルは「パナソニック直伝! 営業・販路拡大・企画発表に役立つ!
プレゼン技術+Keynote習得セミナー
〜お客様を惹きつけ、心を動かす5つの法則〜」

スクリーンショット 2015-09-12 9.02.31

参加者全員が満足されたセミナーです。

ここではセミナーを振り返り大切なことを復習します。
今回のセミナーでは5つの重要ポイントを説明しました。
1 話す力を鍛える
2 記憶に残るメッセージの5つの要素
3 成功するプレゼンをマスターする
4 すぐに結果のでるKeynoteの重要技術
5 クリアーすべきこと

今日は「1 話す力を鍛える」についてです。

スクリーンショット 2015-09-12 9.04.36

話す力を鍛えるためには「聞く側の気持ちを理解する」ことが一番大切です。
参加者の気持ちを理解することなしに話す力を鍛えることは不可能です。

スクリーンショット 2015-09-12 9.05.37

聞く側の気持ちには重要ポイントが3つあります。
1 理解できる
2 価値がある
3 信頼できる
この3点が重要です。

1 理解できる
これは、聞く側が話の内容を理解できることです。
そのためには、プレゼン側が聞く人の理解力を把握する必要があります。

スクリーンショット 2015-09-12 9.06.30

2 価値がある
これは、聞く側にとってメリットがある内容です。
そのためには、プレゼン側が価値を伝える重要性を意識する必要があります。

スクリーンショット 2015-09-12 9.07.48

3 信頼できる
これは、聞く側がプレゼン者を信頼できることです。
この3点を完璧に克服することが話す力を鍛えることの基本になります。

スクリーンショット 2015-09-12 9.08.39

この3点を克服するためには客観的な視点が必要です。

下図に示されているように自分自身を話す位置から見る位置に移します。

スクリーンショット 2015-09-12 9.13.30

話す人のプレゼンが聞く人にとって「理解できる」「価値がある」「信頼できる」が形成できているのかを客観的に見ます。
不十分な箇所が発見できたら話す人の立場に戻りプレゼン内容を修正します。
これを繰り返すことが話す力を鍛えることにつながります。

そのためには、まずは話す内容を設計することから始めます。
1相手が理解できる言葉とは?
2どんな価値を感じて欲しいのか?
3信用を得るには何を伝えればよいのか?

スクリーンショット 2015-09-12 9.14.18

セミナーでは「就職希望者に自社を説明せよ 作成3分 説明1分」という演習をおこないました。
参加者の真剣な取り組みが印象的でした。

次は「2 記憶に残るメッセージの5つの要素」についてです。

株式会社ファイブスター 代表取締役 金山義則

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑