パナソニック直伝! 営業・販路拡大・企画発表に役立つ! プレゼン技術+Keynote習得セミナー 復習その5

公開日:  最終更新日:2015/09/12

7月22日堺商工会議所にてセミナーを開催しました。
タイトルは「パナソニック直伝! 営業・販路拡大・企画発表に役立つ!
プレゼン技術+Keynote習得セミナー
〜お客様を惹きつけ、心を動かす5つの法則〜」

スクリーンショット 2015-09-12 9.02.31

参加者全員が満足されたセミナーです。

ここではセミナーを振り返り大切なことを復習します。
今回のセミナーでは5つの重要ポイントを説明しました。
1 話す力を鍛える
2 記憶に残るメッセージの5つの要素
3 成功するプレゼンをマスターする
4 すぐに結果のでるKeynoteの重要技術
5 クリアーすべきこと

今日は「5 クリアーすべきこと」についてです。
このクリアーすべきことがプレゼン技術の仕上げの段階となります。

クリアーすべきことの対象となるのは以下の5つの項目です。

1 覚える
2 シンクロ
3 体の使い方
4 時間管理
5 自分の言葉

スクリーンショット 2015-09-12 13.03.09

優れたプレゼンテーションには優れた話し方が不可欠です。
論理的な構成や質の高いスライドも必要ですが、聞く側は論理だけでは満足しません。
プレゼンテーションの聞く側には2つのニーズがあります。
1つが「感情」自分の中から湧き上がる感情を引き出し、参加者に伝えること。
もう1つが「つながり」です。参加者はプレゼンターとのつながりをもとめています。
演壇に立ち、体をスクリーンに向け、スライドを棒読みするプレゼンテーションは最悪です。
プレゼンテーションとはコミュニケーションです。
感情を表し、参加者とのつながる機会をつくります。

1 覚える
そのためには、スライドの内容、順番すべてを覚えておく必要があります。
そうすることで、参加者の方に体を向けてプレゼンテーションができるようになります。

スクリーンショット 2015-09-12 13.04.59

2 シンクロ
参加者の記憶に強く方法はスライドとスピーチをシンクロ(同期)させることです。
そのために欠かせないのがリモコンです。
Keynoteはアイフォンをリモコンとして使えアプリなのでシンクロには最適です。

スクリーンショット 2015-09-12 13.05.45

3 体の使い方
参加者の方に体を向けてプレゼンテーションすることは基本です。
しかし、それだけでは不十分です。
感情を伝えるためにはボディーランゲージが不可欠です。
体を使って表現することで、自分の中から湧き上がる感情を参加者に伝わりやすくなります。
自然なスタイルで体で表現できるようになるためには数多くの練習が必要です。

スクリーンショット 2015-09-12 13.06.35

4 時間管理
与えられたプレゼンテーションの時間にすべてを納めるためには事前に用意周到な時間配分の計画が必要です。
しかし、それだけでは不十分です。実際にその時間配分通りに実践できることが不可欠となります。そのためには、体の使い方同様に数多くの練習が必要です。

スクリーンショット 2015-09-12 13.07.32

5 自分の言葉
情熱は様々な形で表現できますが、テクニックや言われるがままに出るものではなく、自然に出るものです。
情熱の基本は、自分の話しているテーマそのももに興味や関心を持ち、真剣に取り組むことです。それが、きちんとできていて、自分の言葉で普通に話せれば、参加者には情熱は伝わります。

スクリーンショット 2015-09-12 13.08.15

以上5回にわたって、7月22日堺商工会議所にてセミナーを開催した
「パナソニック直伝! 営業・販路拡大・企画発表に役立つ!
プレゼン技術+Keynote習得セミナー
〜お客様を惹きつけ、心を動かす5つの法則〜」
の振り返りをおこないました。

株式会社ファイブスター 代表取締役 金山義則

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑